システムエンジニアのための”うつ病”対策

あなたは大丈夫?システムエンジニアのうつ病とメンタルケア

システムエンジニアがうつ病になる前に出来ることって?働き方を考えてみよう

うつ病になる前に!システムエンジニアのためのうつ病対策

責任感が強く、完璧主義な頑張り屋さんほど、うつ病になりやすいと言われています。せっかく頑張ってもうつ病になってしまっては元も子もありません。そうならないためには、働き方を見直すことも大切です。職場環境等に原因がある場合は、転職を検討する必要があるかもしれません。また、自分のペースで働くことが出来るフリーエンジニアという選択肢もあります。最近ではエージェントがしっかりサポートしてくれるようになりましたが、中でもサポート体制が抜群に良いレバテックフリーランスがオススメです。ぜひ一度検討してみてください。
システムエンジニアの求人情報はこちら

うつ病になる前に!システムエンジニアのためのうつ病対策

うつ病になる前に!システムエンジニアのためのうつ病対策の記事一覧

燃え尽きた感覚があるシステムエンジニアは要注意

燃え尽きた感覚があるシステムエンジニアは要注意

IT業界では人手不足の状態が続いていることもあって、満足な開発環境が期待できないのは事実です。しかし、あまりにも無茶な納期のプレッシャーに追われるのは、完成後に自己評価が上がる場合もあるとはいえ、燃え尽きる危険があります。その一方で誰かのために、あるいは負けず嫌いな性格から奮起して、無理難題を解決してしまったような場合には、燃え尽き感はあるものの、周囲からの評価が上がったり自分の成長を認めることができたりして、案外精神的なダメージが後を引くことはないようです。救援のあてもなく孤軍奮闘した場合には、かなり重い精神的ダメージを受けることもあるため要注意です。 詳細はこちら

会社側のシステムエンジニアに対するうつ病対策

会社側のシステムエンジニアに対するうつ病対策

近年では多くの企業が社員のメンタルヘルスに配慮しています。社内に特別相談所を設けたり、上司の方から積極的に部下に声をかけたりして、鬱病発症リスクの早期発見に努めています。しかし、その取り組みの度合いは各企業によって大きく異なるのが実情です。従業員数の多い大企業の大半は真剣にメンタルヘルス対策を推進していますが、従業員数の少ない中小企業はそこまで手を回す余裕がないのが実情です。結局のところ、自分の心の健康は自分で守るしかありません。専門の医療機関を有効に活用して、鬱病予防対策を積極的に取り入れましょう。 詳細はこちら

システムエンジニアはうつ病になる前に働き方を検討すべき

システムエンジニアはうつ病になる前に働き方を検討すべき

近年人気の職業にシステムエンジニアが挙げられますが、システムエンジニアはうつ病のリスクが最も高い職業の一つです。カウンセリングに通ったりしてこまめにストレスを吐き出すようにしましょう。納期に追われることが続いたり、休暇を取るのが難しかったりと職場環境が心身を追いつめてしまうことがよくあります。一度うつ病にかかってしまうと症状が改善するまでに長い年月がかかってしまいます。カウンセリングに通ったりしてこまめにストレスを吐き出すようにしましょう。また、仕事のやり方そのものを見直すことも効果的です。フリーランスの仕事を視野に入れてみるなどして、自分の体に負担をかけない働き方を考えましょう。 詳細はこちら

よく見られているサブテーマ

ページトップへ ▲

Copyright © 2015 システムエンジニアのための”うつ病”対策 All Rights Reserved.